パリのトイレ事情

パリのトイレ事情

 

スポンサード リンク

パリのレストランやカフェでは、トイレは、地下にあることが多い!

 

スポンサード リンク

 

フランスのトイレ事情は最悪だ…
とは聞いたことがあるかもしれません
が!
最近、多少、マシになってきている
ような気もします。
とはいえ、
フランスのトイレは
基本、「汚い」と思ってください。

その上、便座がない、
紙がない、電気が着かない
か、おそろしく暗い…
なども珍しくありません。
入る前に、よく見て
この汚さでも
我慢して入れるかどうか
をチェックしてください。

おまけに、ドアに小銭を入れる
マシーンがついていて
ドアが開かない…
なんてところもあります。

その場合は、店員さんか
カウンターがあれば
カウンターで
「トイレに行きたいんですが」
と恥ずかしがらずに言うことです。

トイレ用のコイン型のメタル
をくれる場合があります。
その場合、お金を払わなくて大丈夫、
大体はタダでメタルをくれます。

あと、
パリのレストランやカフェでは
トイレは、
地下にあることが多いです。
階段のところに
「Toilettes」(トワレット)
とあったら、大概、地下です。
(上にある写真参照、
矢印が下向きの場合は地下)

日本人は、何かを食べる前に
手を洗ったり、
おしぼりで手を拭いたりする
習慣がありますが、
フランスにはありません。

ので、ご飯の前に手を洗ったら、
ドアノブ、手すり、証明のスイッチ
などは触ってはいけません!

なぜかといえば、
信じがたいことに、
フランスではトイレの後に
手を洗わない人も結構いるからです。
(特に男性!!!)
日本人女性からすると
卒倒しそうな光景ですが
事実ですのでお気を付けください。

フランス人はそのへんは
慣れっこのようです、
バイキンには抗体があるらしく
滅多なことではお腹は
壊しません。
しかし、バイキン慣れのしていない
日本人は気をつけましょう。

携帯用のおしぼりを持ち歩くのは
日本人ぐらいで、
フランスでは驚かれるかもしれませんが
変なバイキンから身を守る
という点では、
旅行者には正解かもしれません。

 

スポンサード リンク