初めての確定申告

初めての確定申告

 

スポンサード リンク

確定申告とは

確定申告は、英語で、Tax-return(タックス・リターン)と言うように、本来、税金の控除が得られそうな場合に行いますが、個人事業主か、サラリーマンか、所得がいくら以上の場合、申告する義務を負うことになるのか、と条件は様々ですので、順番に見て行きましょう。

 

スポンサード リンク

個人事業での確定申告とは

個人事業での確定申告とは、1月1日~12月31日までの1年間の会計結果を「確定」し、翌年の2月16日~3月15日の間に国へ「申告」する、つまり、確定申告書類に記入して税務署へ提出することを言います。
(その年の曜日の関係で、確定申告期間が前後することがあります。)

 

会社員の場合は、自分で確定申告をする必要がありません。

 

会社員で確定申告を行うのは、所得控除が増えた場合2ヶ所以上から収入がある場合です。
税金を還付してもらえそうな場合に確定申告するのが一般的です。

 

会社員=給与所得者だけど、確定申告が必要な場合の条件、または、確定申告することにより、税金を控除してもらえる場合の詳しい条件を確認するならコチラ
↓↓↓↓↓↓
給与所得者の確定申告について

確定申告が必要なのは所得金額がいくらからなのか?

個人事業(自分の会社)が、専業の場合(収入源がそれだけ)と、個人事業が副業(第二の収入源)の場合とで、金額が異なります。

個人事業が専業の場合 個人事業が副業の場合
所得38万以下は確定申告の必要なし 所得20万以下は確定申告の必要なし

 個人事業主の申告は、白色申告と青色申告がある。

個人事業の確定申告は、白色申告青色申告2種類に分かれています。

おおざっぱに説明すると、白色申告は簡単にできるけれど特典がない申告、
青色申告は白色に比べて面倒で、なおかつ簿記の知識を必要とするけれど、いくつかの特典がある申告です。

白色と青色の詳しい違いを知りたい方はコチラ
↓↓↓↓↓↓
白色申告と青色申告の違い

   白色申告  青色申告
 事前申請  必要なし  必要あり
 帳簿づけ  簡単  難しい
 特典  なし

 あり
 青色申告特別控除
(最高65万円)など

何も申請を出さなければ、自動的に白色申告の扱いになります。

青色申告するには、事前申請が必要です。次回、2018年の確定申告期間中に提出する2017年度分の確定申告を青色で行うためには、2017年の3月15日までに申請を出しておく必要がありました。(2017年の途中に新規開業した方は、開業日から2ヶ月以内に申請をすればOK)

確定申告の時期と確定申告書類の出し方

確定申告書類の出し方は、3通りあります。

  1. 確定申告書類を税務署へ持っていって提出する(持ち込み)
  2. 確定申告書類を税務署へ郵送する
  3. e-Taxで電子申告する(この場合は基本的に書類提出の必要なし)

 

確定申告で提出する必要書類

白色申告と青色申告の場合で、確定申告の提出書類が異なります。

白色申告の場合は「収支内訳書」「確定申告書B」

青色申告の場合は「青色申告決算書」「確定申告書B」を提出するのが基本です。

 白色申告で提出する書類  青色申告で提出する書類
  収支内訳書
  確定申告書B (+添付書類)
  青色申告決算書
  確定申告書B (+添付書類)

詳しい書類の説明はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓
確定申告で提出する必要書類

 

まとめ

個人事業の事業年度は1月1日~12月31日と定められているので、
年間の日々の取引を地道に記録する必要があります。

帳簿づけは、手書きではとても大変で、簿記の知識も必要になります。

個人事業用の会計ソフトを使えば帳簿づけが簡単かつ正確になります。

日々の売上や必要経費を、会計ソフトに入力した方が、だんぜん楽です。

↓↓↓↓↓↓↓
オススメ会計ソフト一覧

確定申告について、もっと詳しく知りたい方はコチラ

↓↓↓↓↓
初心者にわかりやすく説明「確定申告」

 

 

 

スポンサード リンク